インビザライン 歯科矯正

最先端の3Dスキャナー『iTero』でインビザライン矯正が変わる!

インビザラインというのは、いわゆるマウスピース矯正のひとつです。
矯正は、従来のようなワイヤーとブラケットを歯に取り付けるという事は行わず、
アライナーという透明なマウスピースをつけることで、歯を動かしていきます。

矯正中も目立たないというメリットがあり、芸能人などもインビザラインでの歯列矯正を行っている方が多くいらっしゃいますので、ブログやTwitterなどで、ご覧になった事があるという方も多いのではないでしょうか。

インビザラインでの歯列矯正は、1999年にアメリカで治療が開始され、日本では2006年に治療が開始されました。
それ以降も、インビザラインに関わる様々な技術が開発されて、現在も進化を続けています。

この記事で取り扱う『iTero(アイテロ)』もインビザラインでの歯列矯正を大きく進化させる技術です。

iTero(アイテロ)のメリット その1 アライナーの精度向上

iTeroは、かんたんに言えば歯型を取るための機械です。
口腔内をデジタルスキャンして歯や歯列のデータをとります。

iTeroは1秒間に800フレーム、
最新のiTero Elements(アイテロ エレメント)の場合は、さらに多く、1秒間に6,000フレームも撮影します。

インビザラインでの矯正においては、撮影した3Dデータをもとにアライナー(矯正用の透明なマウスピース)を設計していきます。

従来のような、アルジネートやシリコンなど、粘土様の印象材を使った型取りに比べて、圧倒的に正確な歯型を取ることができます。
この型どりの精密さがiTeroを使用する一番のメリットです。

従来のシリコン等の印象材を使用した型どりでは、印象材が萎縮したり、型どりした歯型に石膏を注入して模型を作成する際に、石膏が膨張したりなどで、わずかな変形が起こる場合がありました。

しかし、iTeroは秒間6000枚も撮影する画像データで、歯列の形態をそのままデータ化します。
そのため、より精密なアライナーを作成することができ、矯正治療の効果も向上します。

型どりにiTeroを用いることで、歯型の取り直しは1/10に減少し、
アライナーのフィットに関するトラブルは、1/7にまで減少しました。

iTero(アイテロ)のメリット その2 型どりのストレスを軽減

iTeroが開発される前までは、インビザラインのアライナーを作成するために、シリコン印象という印象材で歯型をとっていました。

シリコン印象はiTeroが導入される前までは、最も精度の高い歯型の記録方法でしたが、
印象材が固まるまで、長時間静止していなければならず、顎が疲れたり、
異物が口の中に入った状態で、静止しているため嘔吐反射が起こりやすい為、
患者さまの負担が大きいというのが悩みでした。

しかし、iTeroの導入で、大幅に時間を短縮することができました。
iTeroでの歯型のスキャンにかかる時間は、上下の歯型のスキャンをわずか1分ほどで完了してしまいます。

iTero(アイテロ)のメリット その3 治療開始までの期間の短縮

従来の印象材を使用して歯型を取る場合、歯型をアメリカまで送る必要がありました。
そのため、実際にアライナーが出来上がるまでに時間がかかっていました。

iTeroの場合は、スキャンしたデータをインターネットで送れば良いので、
実際に宅配便で送る場合に比べて、アライナーが届くまで約2週間も早くなりました。

それにより、これまでアライナーが届くまでに3~6週間ほどかかっていたのが、
2~4週間ほどで届くようになり、
その分早く矯正治療を開始することができます。

iTero(アイテロ)のメリット その4 その場で3Dデータの確認ができる

スキャンしたデータは、数分で画像処理され、モニターを使ってその場で立体的なデータを見ることができます。

口腔内の3D映像や、矯正治療完了時の予想模型で、治療後かみ合わせや歯並びがどのように変化するのかなども、すぐに見ることができるため、患者さまにとっても、治療後のイメージがしやすく、
安心して治療を受けることができ、治療へのモチベーション向上にもつながります。

また、治療途中のデータと治療目標のデータを比較することで、矯正治療の効果を正確に把握することができ、より精密な矯正を行えるようになります。

まとめ

iTeroのメリット

・アライナーの精度向上
・型どりのストレスを軽減
・治療開始までの期間の短縮
・その場で3Dデータの確認ができる

歯の型どりの目的は、正確に歯や歯列の状況を再現することにあります。
iTero(アイテロ)でのスキャンニングは、現在、他のどの型どりの手段よりも精密に歯や歯列の状況を再現することができます。

より正確なデータを元にインビザラインのアライナー(透明なマウスピース)を作成することで、
より精密な矯正治療を行うことが可能となりました。

現在では、医療の世界もデジタル化が進み、日進月歩の進化を遂げていますが、
データの精密性や、記録時の快適性など、今後もしばらくの間は、iTeroの優位性が揺らぐことは無いでしょう。

最先端のスキャナーであるItero(アイテロ)は、すべての矯正歯科医院に導入されているわけではありません。
当院はインビザライン治療経験が豊富であり、最先端の機材を活用することにより効率的にマウスピース矯正を行います。
その結果、良好な矯正治療につながり患者さんへの安心感にも繋がります。
ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。



医療法人 エクラ会 歯科オーラルクリニック エクラ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mia(ミア)

Mia

歯科助手をしながら、歯科衛生士を目指しているMia(ミア)です。 人の役に立てるような仕事に就きたい、手に職を付けたいという思いから歯科衛生士を目指しています。患者さんからたくさん「ありがとう」と言ってもらえるように頑張っています。

-インビザライン, 歯科矯正

© 2021 歯医者が教える予防のために今日からできること