審美歯科 歯科矯正

審美歯科は日進市エクラ歯科(歯科オーラルクリニック・エクラ)|芸能人のような整った歯並びへ

愛知県日進市にある当院 エクラ歯科(歯科オーラルクリニック・エクラ)では患者様から色々な相談をいただきます。今日は審美歯科についてご説明させていただきます。

審美歯科とは

一般的に審美歯科とは、歯を白く美しくすることを含め、健康で美しい歯や口元の美しさに重点をおいた総合的な歯科治療のことを言います。

歯の治療には「虫歯や歯周病を治療する」「よく噛めるようにして咀嚼を促進させる」などの健康を重視した側面と、「白く形のいい歯にする」「歯並びをキレイに整える」といった審美の側面があります。この両方を満たし、美しさという観点をプラスした歯科治療が審美歯科治療になります。

審美歯科の効果

口元にコンプレックスがあると、人前でなかなか自然な笑顔を作れません。思いっきり口を開けて笑えない方は少なくありません。歯や歯列を綺麗に美しくすることは口元の美しさを高めるだけでなく、美しい口元で自信を取り戻し、気持ちを前向きにさせてくれます。精神面でも良好な効果をもたらします。口元に自信を持つことで人との会話も弾み、今まで以上に積極的になれたという方おられます。

しかし実際は見た目の美しさの追求だけでなく、ホワイトニングは口腔内の衛生状態も保つことができ、虫歯や口臭を抑えることも可能であったり、歯並びやお顔との調和、歯本来の機能の回復も考え改善する総合的な歯科治療です。

審美歯科の治療メニュー

クラウン

虫歯治療で歯を大きく削った場合にかぶせる物のことをクラウン(被せ物)と言います。ジルコニアという素材はセラミックのなかでも一番優れた審美性・耐久性に優れています。従来のセラミックのデメリットを克服した素材として、審美歯科治療において最も注目されています。また、ジルコニア クラウンは金属を一切使用していないため金属アレルギーの方も安心です。金属イオンが溶出して、歯茎の変色、金属アレルギーの心配がなく、強度もとても強い特徴があります。天然歯よりも硬いため、周囲の早かみ合わせの歯を痛めることがあります。耐久性があるため、歯ぎしりやかみ合わせが強い方、白さを求める方にオススメです。

ホワイトニング

ホワイトニングは、歯を白く美しくするために行います。(色の濃い食べ物や飲み物)コーヒーや紅茶などによる歯の着色を、自分の歯を削ることなく薬剤を使って白くします。専用のホワイトニング剤を歯に塗ることで少しずつ歯を白くしていきます。

ラミネートベニア

前歯の1本だけが周囲の歯と比べて変色してしまって気になっておられませんか?

ラミネートベニアは、歯の表面をうすく削り、つけ爪のような薄いセラミックを貼り付ける前歯に行う治療です。ホワイトニングの効果が出にくい神経を抜いた歯を白くします。セラミックは白く透明感のある物を使いますので、美しく自然な見た目に仕上がります。また、クラウンなどと比べると歯を削る量が少ないため麻酔も必要ありません。治療期間が短いのもメリットです。

クリーニング

歯科医院で行う「歯のクリーニング」は、専用器具を使った清掃と研磨が行われる専門的なものを言い、歯垢・歯石・着色を除去します。

磨き残しなどにより歯垢が2〜3日ほど歯に付着し続けると、唾液中のミネラル成分と結合して石灰化しはじめ「歯石」に変化していきます。歯石は、歯に沈着してしまった「色素」と同様、ブラッシングだけで落とすのは困難で大変です。定期的に歯科医院でクリーニングを受けることをオススメします。

ホワイトニングとの違い

歯を白くして見た目の美しさを向上させることを目的にしている「ホワイトニング」に対して、「クリーニング」は、歯石と色素を取り除いて口腔内の環境を整え、健康・美容をサポートするのが特徴です。

まとめ

自分の歯や口元の見た目を美しくしたいと思われたら、まず歯科医院で相談してください。

詰め物や被せものは数年お使いいただくことが前提となります。
歯科医院では、現在の歯の状態と患者さんの要望をもとに、適応できる治療方法、素材の特徴やその治療は保険適応で対応可能かなどを確認をされると良いでしょう。
また治療内容については、メリットだけでなくデメリットがあることもご理解いただき、保証についても確認されることをオススメします。

 

 

 

 

医療法人 エクラ会 歯科オーラルクリニック エクラ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mia

歯科助手をしながら、歯科衛生士を目指しているMia(ミア)です。 人の役に立てるような仕事に就きたい、手に職を付けたいという思いから歯科衛生士を目指しています。患者さんからたくさん「ありがとう」と言ってもらえるように頑張っています。

-審美歯科, 歯科矯正

© 2021 歯医者が教える予防のために今日からできること