予防歯科(歯を守る)

ドライマウス(口腔乾燥症)という言葉を聞いたことがありますか?口の中が乾燥するドライマウスの原因と対策。とても怖い「ドライマウス」。

ドライマウス(口腔乾燥症)とは

私たちは口で食べ物を食べたり、空気を取り込んだりしています。

ドライマウスとは口腔乾燥症とも呼ばれ、ストレスや薬の副作用、自己免疫疾患などの原因で唾液の分泌量が低下して、口の中が乾燥症状に陥いる病気です。

ドライマウスの患者は日本国内で推定3000万人いると推定されており、4人に1人が潜在的な患者です。この病気についての認知度は低く、病院で口の乾きを訴えても、病気とは診断されず治療を受けられていないこともあります。

唾液は細菌から体を守ったり、「食べる」「話す」機能をサポートしています。

自浄作用のある唾液が失われることで歯周病などの感染症にかかりやすくなったり、食物をうまく飲み込みにくくなります。また、味覚が失われ、舌の痛みが生じるなどの症状があります。

唾液の役割

唾液の役割はいくつかあります。

からだを守っています

  • 抗菌作用・・・口の中の細菌の増殖を抑えます
  • 中和作用・・・細菌がつくる酸を中和します
  • 修復作用・・・口の中の傷を治します

食べることを助ける

  • 消化作用・・・デンプンを分解して吸収しやすくします
  • 食塊形成作用・・・食べ物をまとめて飲み込みやすくします
  • 粘膜保護作用・・・硬い食べ物で粘膜が傷つかないようにします

唾液は、このような様々な作用を持っていて、私たちのお口とからだを守ってくれています。

ドライマウスの原因

唾液の分泌量が低下するとドライマウスになります。

ドライマウスの原因

  1. 薬の副作用(降圧剤や抗炎症剤、鎮痛剤、抗ヒスタミン剤、抗うつ剤など)
  2. ストレス
  3. 加齢による筋肉の衰え
  4. 筋力低下
  5. 生活習慣
  6. 体の病気(高血圧や糖尿病、腎疾患、シェーグレン症候群など)
  7. 口呼吸 等

ドライマウスの症状

唾液の分泌量が低下する

  • 虫歯や歯周病になりやすくなる
  • 風邪をひきやすくなる
  • 口が乾く
  • 口の中がネバつく
  • ぱさぱさした食感のものが食べにくくなる
  • 口臭が気になる
  • 味覚がおかしくなる
  • 飲み込みにくくなる

ドライマウスになると色々な症状が出てきます。

ドライマウスの症状セルフチェック

ドライマウス(口腔乾燥症)は、唾液の分泌が低下して、お口の中が乾く病気です。

唾液が不足することで、いろいろなお口の悩みを引き起こします。ご自身がドライマウスだと気づいていない人が多いのが現状です。

さっそくセルフチェックしてみましょう!

☑食品が飲み込みにくい
入れ歯が擦れる
舌がヒリヒリする
☑よく水を飲む
乾いた食品を食べづらい
☑夜間に起きて水を飲む
☑あごの下が腫れている
☑話しづらくなる
口臭が気になる
ムシ歯や口内炎ができやすい

チェックリストのうち1つでも当てはまる項目があれば「ドライマウス」の疑いがあります。

ポイント

口臭の主な原因は、口のなかに棲みついたバクテリアです。バクテリアの数はよく歯を磨く人でも1000~2000億個あり、ほとんど歯を磨かない人では1兆個に達するともいわれています。唾液の分泌量が減ると、口の中の細菌が増え、口臭がきつくなることがあります。きちんと歯磨きを行い、胃腸の調子が良いにもかかわらず口臭が気になるという人は、ドライマウスを疑ってみてください。

ドライマウス対処療法

ドライマウスの原因を取り除くことから始めましょう。

最も多いのは、薬の副作用によると言われています。薬を複数個服用している人は少なくありません。たくさん服用することで危険性も高くなっています。

原因が薬の副作用だとわかった場合は、主治医と薬の変更や減量を相談すると良いでしょう。

日常生活ではストレスをためないようにしてください。

部屋の窓を開けて、新鮮な空気を入れ換えて気分転換するのも良いと思います。

また、酸味のある食品などで味覚を刺激して口の中の渇きを緩和してみると良いと思います。

まとめ

ドライマウスとは『口腔乾燥症』です。口の中が乾燥して様々な不快症状を引き起こします。推定患者数はドライアイで悩む人とほぼ同じ800万人といわれています。

「たかが口の乾燥じゃないの」と思っていると・・・・大変なことになる場合もあります。

また、高齢者の場合は、口の中が乾燥することで食べ物をスムーズに飲み込めなくなり、気道に誤って食べ物が入って誤嚥性(ごえんせい)肺炎を起こして亡くなることも決して珍しくありません。

75歳以上の高齢者の死因の第1位はこの誤嚥性肺炎です。

ドライマウスの原因としては、「ストレス」「糖尿病」「放射線障害」「脳血管障害」「加齢」「筋力の低下」「更年期障害」「薬の副作用」「シェーグレン症候群」などがあります。

現在、食生活がやわらかい食べ物が中心となり、子どもの頃からからよく噛む習慣がなくなり、ドライマウスになる年齢も下がってきています。

唾液はあごや舌の筋肉をしっかり動かすことで分泌が促進されます。

あごや舌の筋肉を使わないでいると、唾液がどんどん出ない状態になり、免疫力が低下し風邪などの感染症にかかりやすくなったり、味覚障害を起こしたりしやすくなります。

ドライマウスは口の中の病気ではなく、疾患のサインとして全身疾患にも結び付くこともあります。

ドライマウスを軽視せず、しっかりと歯科で検査や治療を受けてください。

ご相談はコチラにお電話を

医療法人 エクラ会
歯科オーラルクリニック エクラ
理事長・院長 小出 貴照
住所:愛知県日進市岩崎町岩根141-2
電話:0561-73-8300

医療法人 エクラ会 歯科オーラルクリニック エクラ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mia

歯科助手をしながら、歯科衛生士を目指しているMia(ミア)です。 人の役に立てるような仕事に就きたい、手に職を付けたいという思いから歯科衛生士を目指しています。患者さんからたくさん「ありがとう」と言ってもらえるように頑張っています。

-予防歯科(歯を守る)

© 2022 歯医者が教える予防のために今日からできること