インビザライン

マウスピース型「インビザライン」矯正歯科を知っていますか?

マウスピース型「インビザライン」矯正歯科で八重歯を治したい

 

八重歯の治療には抜歯しかない?!

八重歯はインビザライン(歯科矯正)では治らない!?

 

「八重歯は、インビザラインだけでは治りません」と聞いたことがあるかもしれません。

 

みなさんが気にされているのは「八重歯は抜歯せずに、治るのでしょうか?」ということだと思います。目立たない透明マウスピース・インビザラインでキレイは歯並びになるのでしょうか?

もちろん、抜歯が必要な歯並びの方もおられるのも事実です。

しかし、「八重歯の場合は、抜歯しなければインビザラインでは治療できない」という認識は、間違っています。

 

マウスピース型 インビザライン(invisalign)とは

 

インビザライン(マウスピース型矯正装置)は歯の矯正をしていることを気づかれにくい「目立たず」「透明に近い」「取り外しが可能」な歯の矯正治療方法であるため職場や学校でも人の目を気にすることなく治療ができます。

 

そもそも八重歯とは・・・

 

八重歯とは歯が重なり合ったり、不揃いに生えてる歯並びの状態を言います。

八重歯は顎の成長過程で永久歯が生えるときに充分なスペースを確保することができず、あごに比べて歯が大きく永久歯が正常に出てくるスペースが足りない場合に発生します。

ココに注意

八重歯の原因は顎の大きさと歯のサイズとのバランスが取れていないこと

 

多くの人が八重歯のことを「とがっている犬歯のこと」だと思っている傾向があります。

本来、八重歯とは正式には歯列からずれて位置している歯のことをいいます。犬歯が八重歯になりやすいことは事実ですが

犬歯だけに限らずほかの歯が八重歯になることもあります。

 

歯ブラシがきちんと届かず、八重歯は放っておくと虫歯になりやすい、口内炎になりやすいなどのリスクがあリます。

 

八重歯を放っておくと

虫歯になりやすい

口内炎になりやすい

ほかの歯に負担がかかる  などのデメリットたあります。

八重歯を治療するなら

八重歯が犬歯だった場合、基本的に、抜歯をしません。

理由は

犬歯はほかの歯よりも歯の根っこがしっかりしている

犬歯は比較的寿命がながい歯である

 

実際噛みあわせに直接、関係ないようにみえますが、八重歯を抜くことで全体のバランスが崩れ噛みあわせに影響することもあります。

 

ポイント

できるだけ歯は抜かずに矯正することをオススメします。

 

今までの歯科治療では、必要のない歯は抜歯してしまうのが普通でした。

抜歯の治療だけであれば1日で完了します。

ただ、歯をむやみに抜歯してしまうと、歯並びが崩れる場合もあります。

現在では抜歯以外にできる治療があれば、その治療を優先するのが一般的になってきています。

 

抜歯は最終的な選択と考えて、まずは「歯科矯正ができる」か歯医者さんに相談してみてください。

 

主な八重歯の矯正治療方法

・マウスピース矯正

一人ひとりの歯型に合わせて3D設計した透明なマウスピース作ります。

作った透明なマウスピースを装着して数週間毎に新しいマウスピースに交換しながらマウスピースの形を少しずつ変化させていくことによって、数週間毎に新しいマウスピースに交換しながらゆっくりと歯を正しい位置に動かしていく矯正方法です。マウスピース矯正には様々な種類がありますが、当院ではマウスピース型の「アソアライナー」を使用しています。他にインビザラインを使用することも可能です。

・ブラケット矯正

ブラケットと矯正治療用の針金(ワイヤー)を、ゴムやごく細い針金(けっさく線)で固くしばって固定し矯正します。

構造的にシンプルで、耐久性も高いです。ブラケットは、以前はほとんど金属製でしたが、近年は材料も進歩し、白色系のセラミックなどを使った目立たないブラケットが主流となってきました。

・リンガルブラケット矯正

矯正をしていることが見えない治療です。マルチブラケットという装置を歯の裏側に装着して矯正します。

メタルブラケットとメタルワイヤーの両方とも歯列の裏側(舌側)に取り付けるため、外からは全く見えません。

矯正装置が人目に触れて欲しくない方の多くが選ばれる治療方法です。

矯正治療を始める前に確認してほしいこと

矯正治療は時間がかかります。時間に伴い費用もそれなりにかかってきます。

そのため歯科医院では治療前に精密な検査を行います。

お口の中の写真、お顔の写真、レントゲン写真、CTなど。その上で診断を行い治療方法、治療期間、費用の説明があります。

説明を理解し、納得いただいて治療がはじまります。

時間がかかる治療なので矯正治療を途中でやめてしまうと、初めの状態より悪くなってしまうこともあります。

ご家族みなさんでよく話し合ったうえで治療をされることをお勧めします。

 

まとめ

日本では八重歯がかわいいと人気がありますが、海外では良いイメージがありません。

将来、虫歯や歯周病のリスクも高まるなどデメリットも多いです。抜歯だけが治療法ではありません、歯科クリニックで相談いただいて、八重歯を治しておいた方がいいのではないでしょうか。

 

医療法人 エクラ会 歯科オーラルクリニック エクラ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mia(ミア)

Mia

歯科助手をしながら、歯科衛生士を目指しているMia(ミア)です。 人の役に立てるような仕事に就きたい、手に職を付けたいという思いから歯科衛生士を目指しています。患者さんからたくさん「ありがとう」と言ってもらえるように頑張っています。

-インビザライン

© 2021 歯医者が教える予防のために今日からできること